シニアNavi 岡山 vol.07 2012年秋号
32/44

 『レッツ倶楽部 岡山西』は、この9月3日にオープンしたばかりの半日型デイサービスセンター。デイサービスといえば、介護が必要な高齢者を一時的にお預かりする施設という意味合いが強く、内容も食事や入浴など日常生活の介護が中心で、身体を動かすことといえばレクレーションやストレッチ程度の体操がほとんどでした。 そんな画一的な業態に一石を投じる施設として誕生したのが、パワーリハビリテーションという新しい理論に基づいたプログラムを実施する『レッツ倶楽部』グループ。直営およびフランチャイズ方式で現在全国展開中の、パワーリハビリ専門のデイサービスです。今回誕生した『レッツ倶楽部 岡山西』は全国では24番目、岡山では初登場。施設長の春名道子さんは、15年のキャリアを持つ看護師さんです。春名さんは医療の現場で、麻痺や障害があっても180日で退院を余儀なくされる「リハビリ難民」を何度も目にするうち、「リハビリが必要な方がもっと気軽に安心して通える施設が出来ないものか」という思いを抱いていました。そんな春名さんの介護への思いを実現してくれたのが、『レッツ倶楽部』だったのです。 パワーリハビリテーションは、生活機能の改善を目的とした独自のリハビリプログラムで、老化に伴う身体の機能低下や、脳卒中などによる機能障害の改善とともに、精神性(意欲)の向上を図ります。ドイツの医療認証を受けた専用マシンによるトレーニングで、座る立つ歩くといった生活動作に必要な全身各部の筋肉を活性化させることで、生活機能の改善を目指します。マシントレーニングというと、スポーツジムで行うような激しい運動と誤解されがちですが、運動の負荷はごく軽いもの。マシンを使うことで正しい体の動かし方が編集部ピックアップリポート岡山市・今 レッツ倶楽部 岡山西半日型リハビリフィットネスデイサービス(通所介護&介護予防通所介護)ホーム探訪32岡山初登場!施設長が看護師のパワーリハビリ専門デイサービスデイサービスの概念を変えるパワーリハビリ失った身体機能とプライドを取り戻す半日型のパワーリハビリデイサービスレッツ倶楽部 岡山西施設長 春名 道子さんちしています!ちしています!

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です