シニアNavi 岡山 vol.07 2012年秋号
8/44

ほんとうの楽しみはこれから巻頭特集音楽楽しみ若い頃に憧れていたあの楽器を演奏してみたい…。でも楽譜も読めないし、楽器を触ったこともないのに大丈夫かな。そんなお悩みをお持ちのシニア世代も、意外に多いと聞きます。そこで、音楽ビギナーが多く通うヤマハ大人の音楽レッスンでお話しを伺いました。ヤマハ大人の音楽レッスン 小林さんがレッスンを始めたのは「のんきな一人暮らしに、適度な緊張感と心の豊かさをもたらそう」 と考えてのことだそう。 「孫が開いてくれた小さな音楽会がきっかけ」と語るのは塩見さん。「次は一緒に演奏しよう」と誘われ、つい「うん!」と返事してしまったことから、レッスンを受けることに。 2年前に脳動脈瘤が見つかり、約半年間治療や心配事が絶音楽から広がる新しい世界で新たな自分と仲間に出会うえなかったという藤田さんは「おかげで、こうして普通に生活が出来ることに感謝し、何か頑張りたい」という思いから受講を決意したそうです。 始めた動機は様々ですが、皆さん「良い友達に巡り会えたのが何より嬉しい」とおっしゃいます。「同じ齢でも、病気の人や亡くなった人もいる。それを考えるとここに来られる事自体、幸せ」と塩見さん。音楽との出会い以上に、気の合う仲間との出会いが、励みになっているそうです。共にウクレレを習い始めて1年程度という仲良し三人。始めた動機はそれぞれ違えど、今ではレッスンに通い仲間に会えることが励みに。仲間が出来たこと、そしてその仲間と元気で一緒に演奏できる喜び!岡山店スタッフ岡山店スタッフ左より藤田 恵子さん(64歳)小林 光子さん(75歳)塩見 恭子さん(73歳)共に岡山市在住。久山さん久山さん藤原さん藤原さん巻頭特集8

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です