シニアNavi 岡山 vol.09 2013年春号
28/44

おかやま福祉ナビ28施設についての「情報」を集めましょう。施設についての「情報」を集めましょう。2介護保険とは?ワンポイント講座。Vol.08教室介護サービス利用の仕方!!介護保険とは?Vol.08教室要介護の認定を受けた後は、わが家など在宅での生活を希望する「在宅サービス」、施設で介護を受ける「施設サービス」、住み慣れた地域で生活を続けるための「地域密着型サービス」のいずれかを選びます。今回は、「施設サービス」後半のご紹介です。要介護の認定を受けた後は、わが家など在宅での生活を希望する「在宅サービス」、施設で介護を受ける「施設サービス」、住み慣れた地域で生活を続けるための「地域密着型サービス」のいずれかを選びます。今回は、「施設サービス」後半のご紹介です。まずは電話で施設の入居待機状況の概要などを確認してみるとよいでしょう。ここがポイント!ここがポイント!ここがポイント!「施設サービス」を選択した場合、入所する施設を本人自ら、またはご家族が探さなければなりません。さらに、直接その施設に申込みをし、契約することになります。その大まかな流れは以下の5つになります。前回は①「介護保険施設」の種類を大まかに理解しましょう! をご説明しました。後半の今回は、②から⑤をご説明します。○施設の種類について、わからないことがあれば、市 町村の介護保険の担当課や近くの地域包括支援セ ンターなどの窓口で聞いてみましょう。介護保険施 設の一覧表などが用意されているところもあります。○「在宅サービス」からの変更を考えている場合は、担 当のケアマネジャーさんにも聞いてみましょう。市町村の介護保険の担当課や近くの地域包括支援センターなどの窓口に問い合わせる。このシステムには、選んだ施設情報を一度に並べて比較する機能がありますので活用しましょう。ここがポイント!ここがポイント!ここがポイント!インターネットで調べてみる。○ホームページを充実させている施設も増えてきました ので、いろいろな情報を入手することができるでしょう。○厚生労働省の「介護サービス情報公表システム」と いうサイトがあります。そこでは、地図またはサービス の項目から探すことができます。施設サービスって?左ページへつづく介護サービス情報公表システムhttp://www.kaigokensaku.jp後半「介護保険施設」の種類を大まかに理解しましょう!施設についての「情報」を集めましょう!見学・体験入居をしてみましょう!納得できたら、施設と契約しましょう!契約ができれば、ケアプランをつくります!12345前半後半検 索

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です