シニアNavi 岡山 vol.10 2013年夏号
26/44

に頃りわ終の盆お、年毎 なでが力くるだが体、とるないなが欲食、く続が熱微、いてえ訴を状症のテバ夏、どなえ増がり寄年おるれさ院来なうよの本日はテバ夏。すまやりこ起で候気の湿多温高こるす続持が汗発い軽、くすが分塩と分水つずし少でと熱の型性慢「くいてれわ失に齢高、たま。すでのな」症中不分水や化変の温気とるな汗、し下低が覚感のどな足にじ感をき渇の喉もていかをべらくに人い若、めたるなくく向傾いすやりかかに症中熱てにきとたいつが気。すまりあがうろうもが識意で症水脱は症重にです、どなるいてしと寄年お、にうよのこ。すまれらが状症覚自、は症中熱のりかりわ関もに命生ままいな中熱。すまりあがとこいなね心うよるけづ慣習を防予症的期定「、は本基の防予 避をさ暑「と」給補分水な生の段普、がすで」とこるけで要必がとこす直見らか活症中熱「省働労生厚(。す イるこ起に夏真は症中熱 に夏初いないてきで応順にさ、たま。すで要必が意注もつをンコアエもてく暑は近最。すでうよるあもとこうまし合場るあがい疑の症中熱 、び運へ所場いし涼ずま、は脚や下の脇てせが脱を服衣等氷をり周の首、根け付の補を分塩・分水、しや冷でいなが識意、や合場いなめ飲要を隊急救にち直、は合場防予症中熱の者齢高TEL.086-427-3600内科・小児科・リハビリテーション科・呼吸器科・循環器科・消化器科〒710-0826 倉敷市老松町5丁目589-1倉工グランド赤松病院倉敷第一病院日本石油線備伯倉敷駅どうみょう医院社総↑↓島水岡山→旧2号線←至福山FAX.086-427-3601●駐車場あり。往診いたします!! を談相ごに軽気お とこの上康健るいてっなに気らか頃日診療時間 9:00~12:3015:30~19:00午前午後月火水木金土日祝○○○○○○×○○○○○××どうみょう医院院長医学博士。岡山大学医学部卒業。岡山大学医学部附属病院、国立岡山病院、岡山労災病院循環器内科部長などを経て、1995年開業。国立岡山病院客員医長。労働衛生コンサルタント。日本内科学会認定内科医。http://doumyou.netどうみょう医院道明道弘先生Vol.41.2.・分水なめまこ給補分塩いくにりなに症中熱境環内室3.たせわ合に調体み組り取4.備準の時出外てくなじ感をき渇のどの・ 給補分水にめまこも 整調度温境環いくにりが上が温室・ 保確のどな水ち打、れだす 定測温体なめまこ・乾速・湿吸、い良の性気通・ 用着服衣のルオタいた冷、氷、剤冷保・ 却冷の体るよにどな用着の子帽や傘日・、用利の陰日・ 憩休なめまこ乾速・湿吸、い良の性気通・ 用着服衣の健康道しるべ26

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です