シニアNavi 岡山 vol.11 2013年秋号
13/52

 契約の前に、住み替えやその後の暮らしに必要な資金の計画を立てます。長期的にみた収入や資産と、住み替えに必要な費用を確認し、しっかりと計画することが大切です。 住み替えに必要な費用は、「入居時に必要な費用」(入居金)、「毎月必要な費用」(家賃、共益費、光熱費、食費、各種サービス費など)、「臨時費用」(冠婚葬祭・交際・娯楽費など)、「予備費」に分けて考えてみましょう。また、介護が必要になったとき、介護度が上がったときの費用も考慮しておく必要があります。13今こそ安心の住まいへ

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です