シニアNavi 岡山 vol.11 2013年秋号
5/52

同居したいが、介護が必要となれば施設に入りたいという方が、相当数いらっしゃることが推測できます。 また、郊外よりは便利な街中に人気があるようで、〝住み替えを希望する〞方も1割程度いらっしゃいました。して、老後のすみかについて、建て替えや施設への入所を伺ってみると〝施設に入りたい〞〝自宅をリフォームしたい〞方が同数。中でも自宅を〝建て替えたい〞方は6%。〝子どもと同居を希望する〞方は12%。 つまり、元気な内は高齢者の暮らしも配慮してリフォームしたわが家で子どもさんとシニアナビ恒例!読者のみなさまへのアンケート。続々と本音をお寄せくださり、ありがとうございます。巻頭特集「明日に備えるハッピーシニア計画!」していない・その他39%home 施設に入りたい20%リフォームしたい20%後の備えをしている、またはしていたという人は6割。そしてなんと3割以上の人が、備えをしていない、またはしていなかったという回答。 これまでの時代なら、それで何とかなりましたが、これからの時代、備えなしで乗り切るのはかなり厳しいものがあります。 老後の資金運用の注目項目または実際に運用しているモノ、第一位はやはり〝国内預貯金〞特に、個人年金や保険には高い関心があることが分かります。 半数に近い人々が施設での介護を考えているようです。これには、施設の情報収集はもちろん、資金面での備えも必要です。さて、あなたはハッピーシニア計画、どんな未来を描きますか?住まいや老後の資金、介護や保険について、プロの意見に耳を傾けてみましょう。している・していた61%老後のすみかは?少し興味がある48%高齢者向けの施設や住宅老後の備えは?こで高齢者向けの住宅や施設に興味があるかどうかお聞きしたところ、大いにある23%と少しある48%を併せると約7割もの方が興味を抱いています。大いに興味がある23%老そそ5明日にそなえるハッピーシニア計画!

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です