シニアNavi 岡山 vol.11 2013年秋号
8/52

西原 浩一建築部同居しても水回りは別々に 子どもたちと同居し、孫の可愛い顔を見て暮らすのは幸せなことですが、長続きのコツは水回りを別々にすること。キッチン、お風呂、トイレは、それぞれの空間を確保することが、もめごとを起こさない第一条件とか。【営業時間】11:30~17:00(定休日:第2/4土・日・祝)大好評営業中【住所】瀬戸内市牛窓町鹿忍2222-1 P 有り 【TEL】0869-34-4800UGスタッフブログ http://ameblo.jp/ug-giken/夫婦のキッチン子ども夫婦のキッチン子ども夫婦の浴室バルコニーなどは共有夫婦の浴室子ども夫婦のキッチンシニアナビ読者プレゼントお食事券ペア8組!ドリンク付き応募はP.47へ夫婦それぞれの快適空間 リタイア後のご夫婦の暮らしは、それぞれのプライバシーを尊重し、それでいて目が届く環境が一番。寝室を2つに区切る引き戸などをつける、リビングなどにそれぞれの書斎空間を確保するなど、全く別々にするのではなく、つかず離れずのプライベート空間を確保するのがおすすめです。寝室が全く別々、離れて完全に隔離された生活空間では、体調が崩れたときに発見が遅くなることも考えられます。ご夫婦でよく話し合い、快適空間を実現してみませんか。近藤 康弘建築部今こそ安心の住まいへ8

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です