シニアNavi 岡山 vol.12 2013年冬号
15/52

マネーのこれから連載も課税対象となります。 お金の話は親子であってもオープンにしていない場合が多く、親が亡くなって初めて、思った以上の資産が見つかり相続税を納めるために先祖代々の土地を手放さなければならなくなったというケースも実際にあるのです。 また、遺言がある場合でも遺族の意向が反映されていないため、遺産分割でもめるケースも多く、特に不動産は、平等・公平のみを意識した遺言が行われると、分割後の利用価値によって処分がしにくくなるなどの問題が想定されます。 そこでまずしておきたいことは、生前の節税対策や納税資金対策です。森脇さんの事務所では「税務申告の手数料」を支払うのではなく「対策の手数料」を支払うというシステム(左図)で依頼を受けています。それは申告時に支払う税理士報酬を、相続対策にかかる月次顧問報酬という形式で生前に支払い、申告時の手数料は支払わなくて良いというものです。メリットととしてあげられるのは、通常の手数料は、遺族が支払いますが、事前対策をすれば、遺産総額から支払えるため、遺族に迷惑をかけずにすむ上、節税の効果にもつながります。また事前に納税額が分かるので、納税資金の準備ができ、不動産を手放したり遺族の手持ちの資金を納税に充てるということを回避できます。さらに、生前に遺族を交えて遺産分割の話をすることとなるので、『争続』が回避できます。税理士側も、節税額に応じた成功報酬があるということで最大限の努力を惜しまずにはいられません。どちらにもメリットがある相談方法なので、まずは不明点などある方は無料相談などを利用して一度ご相談をされることをおすすめします。  〈無料相談のお申込み・お問合せは〉森脇慎税理士事務所/有限会社MMC岡山市南区新保1192-8 森脇 慎さん平成11年 税理士登録 同年6月 森脇慎税理士事務所開業岡山県中小企業再生支援協議会専門家岡山商工会議所経営支援センター専門家TKC創業経営革新アドバイザー生前の相続対策をTEL. 086-206-5225※1.成功報酬とは、当初予測納税額と実際の納税額との差額の5%相当額。また納税額が0円となった場合は当初納税予測額の5% 総支払い/2700万円総支払い/607.5万円事前準備で、2092.5万円の節税2億円にかかる相続税(2500万)   +200万円(税理士報酬)1億にかかる相続税(300万)+月次顧問料(200万)+ 成功報酬107万5千円遺産総額が2億円あった場合たとえば…節税対策をしなかった節税対策をした節税対策により1億円を圧縮※1森脇慎税理士事務所お話をお聞きしたのは!15マネーのこれから無料相談会を行っています。森脇慎税理士事務所では、毎月第1月曜日に無料相談会を行っています。相続税が、かかるかどうか知りたい、財産の把握や遺産分割の相談などに乗ってほしいなど、なんでもお気軽にご相談ください。相談は事前にお電話にてご予約ください。要予約

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です