シニアNavi 岡山 vol.12 2013年冬号
25/52

ヤマハ大人の音楽レッスンチェロコース・バイオリンコース社交ダンスダンススタジオ「スイングアート」バイオリンコース 西川さん(60歳)仲間とアンサンブルできる日を楽しみにレッスンを始めて1年半。知人から、オーケストラに誘われたのをきっかけに「カッコだけでなく、しっかり演奏したい」と、通い始めました。少し経験はあるものの、基礎から本格的にバイオリンを学ぶのは始めての体験。おかげで「レッスンを受ける度に、いろいろな事に気付けるようになった」とのこと。レッスンの成果を披露する発表会はもちろん、いつかみんなとアンサンブルができる日を楽しみにしています。運動量は想像以上!社交ダンスで、体力と美しい姿勢を保つチェロコース 原田さん(60歳)目標は「千人のチェロコンサート」へのエントリーきっかけは、テレビドラマの演奏シーンでした。思い出したのは「弓弾き」への憧れ。ギターの経験はあるものの、チェロは習うのも演奏するのもこれが始めてという原田さん。およそ2年レッスンに通ったおかげで、最近は「弾いていると、落ち着く」というほど演奏に没頭。今は、「アンサンブルは、まだ無理」と言いつつも、3年以上経験があれば出られるという「千人のチェロコンサート」への出演を夢見ています。「クイック、クイック。スロー。スロー」。その声に合わせ、流れるようにステップを刻む,受講生たち。優雅に踊るイメージの社交ダンスですが、広い教室の端から端まで使って動き回る様子はかなりの運動量です。実際「脳の活性化のために」とか「趣味と健康を兼ねて」といった理由でレッスンを始めた方が多く、中にはリハビリ代わりに通っている方も。ダンスを始めた理由もキャリアもさまざまな生徒さん達ですが、異口同音にレッスンを始めて姿勢が良くなったとおっしゃいます。それだけではありません、交通事故で腕や首が不自由だった木谷さんは、1年半ほど通ううち、元のように身体が動かせるようになったのだとか。「運動したいけど、ジムのマシントレーニングは何だか性に合わない」とお考えの方、ぜひ一度社交ダンスにチャレンジしてみては?♪♪♪♪亀さん(女性) 偶然講師の先生と知り合ったことで興味を持ち、レッスンを受講。運動量といい、レッスンの頻度といい、ダンスが今の自分に一番合っています。匿名さん昔踊っていたジルバをもう一度踊ってみたいとレッスンを受講しました。ダンスのために身体を気遣うようになり、益々健康に。Music & Dance LessonMusic & Dance Lesson江村さん(男性:63歳)趣味と健康を兼ねて始めたけど、レッスン受けて姿勢まで良くなったよ!江村さん(男性:63歳)趣味と健康を兼ねて始めたけど、レッスン受けて姿勢まで良くなったよ!25ほんとうの楽しみはこれから

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です