シニアNavi 岡山 vol.12 2013年冬号
35/52

血糖値の上昇を抑え、腸内環境を整えるお野菜で栄養補給。食物繊維やオリゴ糖が豊富な根菜は見逃せないお野菜です。陽性の野菜は体を温め、緩んだ体を締める性質をもちます。食物繊維やミネラル成分が豊富なきのこ類は便通も快適になり、抗がん効果も期待できる。ミネラル成分のカリウムも豊富に含まれるので、塩分の過剰摂取を防ぎます。陰性のきのこ類は体を冷やし、硬くなった体を緩める性質をもちますが、陽性の根菜類と一緒に摂ると陰陽バランスのよい食事になります。陽陰鍋の具材を食べやすい大きさに切っておく。土鍋に水500㏄を入れて、だし昆布1枚入れて沸騰させだしを取る。だしが取れたら、合わせみそを入れて汁をつくる。その中に具材を入れて煮えたらでき上がりです。1234材 料 (2人前)作り方鍋だし汁椎茸しめじまいたけ春菊小松菜大根人参ごぼうタラの切り身1/2パック1/2パック1/2パック1袋1束1/3本1/4本1/3本2枚だし汁合わせみそ生姜 500cc大さじ3~41片(昆布10cm角)冬の腸寿鍋レシピえのきしいたけしめじなめこまいたけえりんぎだいこんれんこんにんじんごぼうあったか春菊の選び方葉の緑が濃く瑞々しいもの茎が太すぎない方が柔らかくておいしいワンポイントアドバイス!ちょうじゅ茎の下の方からも茎が出ているものが良いまるぐりっと~Amis~2F岡山市北区表町1-9-4営業時間11:30~18:00定休日:火曜日「美・知・健・趣」講座を開催TEL.086-233-8500おとなの女性の表町にある、スイーツと雑貨の小さなお店、「まるぐりっとAmis」では、森安先生の「陰陽美食講座」「アロマレッスン」をはじめ、美を創る〝美魔女メイクレッスン〞知を創る〝韓国語講座〞趣を創る〝ポーセラーツレッスン〞など、おとなの女性の学びの講座が行われています。詳しくはフェイスブック、お電話にてお尋ねください。35陰陽バランスごはんのすすめ

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です