シニアNavi 岡山 vol.13 2014年春号
23/52

 第1回目は、古代吉備国のストーンサークル。これは、「楯築墳丘墓」とも言われ、古くは片岡山古墳と呼ばれていました。国の史跡王墓山丘陵の北側に弥生時代後期に造営された首長の墳丘墓です。墳丘の上には大正時代の初め頃まで楯築神社のご神体として神石(亀石)と呼ばれる石が安置されていました。この石には、表面に毛糸の束をねじったような弧帯文様が刻まれています。現在は、遺跡のそばの収蔵庫(写真の左手に建つ)に祀られています。この祠を中心に大きな岩が屏風に並び立ち、まさに「ストーンサークル」です。この丘から真東を望めば「吉備の中山」が横たわっています。太古には丘のふもとまで瀬戸内海の潮が打ち寄せていたのでしょう。丘から見下ろせば、弥生時代はこの丘と吉備の中山は島であったことが、理屈抜きで理解できます。ちなみに、摩訶不思議な文様が刻まれた弧帯文石(弧帯石)のレプリカは、岡山県立博物館で見ることができます。 ストーンサークルの中に立つと、現代人には理解できないある種の異次元空間や異文化を感じるような気がします。ぜひ一度、ご自分で体感してみてください。太古の昔から「岩や石」は、最も身近な武器として、道具として、そして崇拝の象徴(神)として崇められてきました。古代から近現代までの岩や石を使った実例を建築屋の目を通した写真と解説で紹介してまいりましょう。古代吉備国のストーンサークル岡山県倉敷市矢部の丘陵上にある弥生時代の墳丘墓2003年11月7日 撮影:児玉博文お困りの土地・建物ありませんか?〒701-4303 岡山県瀬戸内市牛窓町鹿忍4544-5土地・不動産のご相談は【お電話】0869-34-4561【メール】moriyasu@ug-giken.co.jp貸そうかな、売ろうかな、どうしようかな?不動産などのお悩みをサポートいたします。建設業許可/岡山県知事許可(特-22)第1610号 一級建築士事務所/岡山県知事登録第12260号 宅地建物取引業/岡山県知事免許(8)第2824号【営業時間】8:00~17:00(定休日:第2/4土・日・祝)山や林畑や田んぼ空き家や空き地OG GIKEN GROUP岩と石が織りなす世界ユージー技建株式会社建築部・部長・児玉 博文文・写真23住をつなぐ UG Column

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です