シニアNavi 岡山 vol.13 2014年春号
25/52

もしも…子ども・親・兄弟・祖父母もいなかったら…岡山ひかり法律事務所http://www.okayama-hikari-law.jpまさかのはんこ集め遺言書が事態を予防する印籠に!?父すでに死亡姉亡くなった人被相続人配偶者母すでに死亡子どもなしその子どもである、甥や姪に相続人になる権利が発生する※遺留分とは、民法で定められた最低限の権利のこと。すでに死亡兄すでに死亡TEL.086-223-1800お電話でのご予約・お問合せは岡山市北区蕃山町3-7両備蕃山町ビル8階 駐車場2台完備検 索受付時間:9:00~17:30(平日) 9:30~12:00(土曜)遺言・相続のご相談 NJR岡山駅桃太郎大通りグレースタワーマンション岡山ひかり法律事務所ドレミの街商工中金西川柳川初回無料地域密着・岡山県内全域対応・個人から法人、自治体まで対応致します。遺言書・その1争続しない相続のススメ岡山ひかり法律事務所の2003年弁護士登録 現在11年目遺産分割事件,遺留分減殺事件など相続事件を多数処理してきた経歴を持つ財津 唯行お話は…さんひかりのススメ争続しない !相続のルールを知っておく資産を知っておく遺言書を作成しておく 突然の不幸で困る事。それが銀行窓口でまず突きつけられる難題。「故人の口座は凍結されます」との対応で、少額の引き出しでも、相続人全員の直筆同意書面と印鑑証明書他が必要。ご遺族が奥さまとお子さま二人…くらいなら、一週間もあれば手続きできますが、子どもがない場合「ご主人の親兄弟全員、亡くなっていれば、甥・姪の方々すべての同意と書類を」と言われるはず。「長く付き合いがないから…」と困り果てても、この場合法律では亡夫の兄弟姉妹が遺したおい・めいまでも正当な相続人。預貯金だけでなく、相続財産はなかなか自由にできません。 自分の甥や姪までならともかく、配偶者の親族となると、面識すらないという事も多く、その数が十数人、二十数人となることも珍しくありません。遠くの親戚も探し出し、一軒一軒訪ねて事情を説明し、全員に署名押印してもらわない限り、一円の貯金も引き出せません。まして、ご主人と二人で築いたマイホームも、その価値は数百万〜数千万円。その何分の一かを正当に手にする権利がある親族に「自分の相続分を放棄します」と素直に承諾していただければよいのですが。 「全財産を妻○○に譲る」という遺言さえあれば、お子さまがない場合ほとんどのケースで奥さま一人がすべて問題なく相続できます。(兄弟姉妹やその子には遺留分がないため)。遺言書の書き方は、法律で決められた一定事項さえ守ればOK。これは夫婦それぞれに共通する相続の忘れてはいけないポイントです。残された妻(夫)の安心できる暮らしのために、一度この誌面にご夫婦で目を通し、専門家の無料相談などをうけることをお勧めします。25定年世代の終活ナビ

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です