シニアNavi 岡山 vol.14 2014年夏号
12/52

 その日は五月晴れ、待ち合わせの場所に現れた旅人のKさんとトラベルヘルパーの二人。 特別な介護が必要なければ、トラベルヘルパーは一人だけの同行ですが、この日はモニターツアーということで、トラベルヘルパーとしては先輩の青山さんと、まだ経験が浅い倉地さんのお二人が同行することになりました。そんな一行が最初に向かったのは、全国の藤の花が咲き揃うという日本一の藤公園(和気町)。快適なタクシーの旅で車内の会話も弾みます。 トラベルヘルパーの青山みね子さんは、山岡流のお家元、日舞のお師匠さんでありながら、添乗員の仕事をしています。また、バスガイドの経験もあり、本誌でご紹介したトラベルヘルパーのベテラン、森恭子さんの話を聞いて資格を取得したそうです。倉地友子さんは、30年間コンピューターの仕事をしていました。実は倉地さんは、シニアナビを手に森さんを訪ね、「シニアワークプログラム」ホントは旅に出かけたかった!さあ、トラベルヘルパーと出かけましょう!ひとりでも大丈夫!藤のお花と温泉の旅倉敷(お迎え)出発旅程「体力に自信がない」「足腰が弱くなって歩くのが不自由だ」「最近、もの忘れがひどく、知らない土地で迷ってしまう」、さらには、介護者がいないと動けないという方まで、外出がしたい、旅に出かけたいという思いはあるけれど、一人では動けないという方の願いを叶えるトラベルヘルパー。 そのトラベルヘルパーとプチ旅行に出かけるというモニターツアーが、5月9日におこなわれました。今回は、その模様をリポートします。9:00和気町藤公園(日本一の藤棚見学)10:00湯郷温泉美春閣(昼食・入浴)12:3016:30倉敷(お送り)到着 17:0017:1514:3011:30左/トラベルヘルパー 青山 みね子さん(54歳)中央/旅人 Kさん(85歳)右/トラベルヘルパー 倉地 友子さん(70歳)1日帰りモニターツアー リポートマルナカ(ショッピング)トラベルヘルパー12

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です