シニアNavi 岡山 vol.14 2014年夏号
24/52

 たとえば、法定相続人が3人の場合、現在は基礎控除額は8千万円ですが、これが相続税改正後は3千200万円低い4千800万円となります。広い農地や、岡山市中心部などに80坪を超える自宅があれば、ほかに大した資産がなくてもそれだけで相続税が発生する可能性があります。また、統計によれば60歳の平均貯蓄額は2千194万4千円(年齢別の平均貯蓄額・2011年・楽天発表)。退職金を含めれば65歳前後の人の貯蓄額は3千万円に達するのが珍しくないので、これまでより多くの人に相続税の問題が生じるのは確実。来年1月1日からついに相続税の「基礎控除引き下げ」。あなたも、課税対象範囲内に?!不動産や預貯金、債券などの遺産総額から、基礎控除額を差し引いた後の課税遺産額にかかる相続税。この基礎控除額が2015年1月1日から大きく引き下げられます。※1※1遺産総額から非課税財産(仏壇・仏具、死亡保険金・死亡退職金の非課税枠)、相続債務・公課・葬式費用を差し引き、暦年贈与による相続前3年以内の贈与財産・相続時精算課税制度による贈与財産を加算した金額改正前5,000万円8,000万円相続対策・その3スゴイゾ!税金のプロフェッショナル税金を贅金にしない方法森脇慎税理士事務所の1,000万円×法定相続人の数改正後3,000万円4,800万円600万円×法定相続人の数基礎控除額基礎控除額定年世代の終活ナビ24

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です