シニアNavi 岡山 vol.14 2014年夏号
29/52

 これらの鉄筋コンクリートの船については資料もあり、歴史的にもある程度解明されているのですが、次に、経歴が不明な鉄筋コンクリート船を紹介します。 山口県・笠戸島の景勝地「夕日岬」の駐車場から真西に瀬戸内海を見下すと、入江の中央部分に右に傾いた沈没船(写真⑤)の船尾部分が海面から覗いているのが判ります。 明らかに船です。引き潮の時には岩場を歩いて近くまで行けますが、沈没船には近づけません。この船は「油槽船として昼間は海中に半分程沈没させ、夜には浮上させて多くの船に給油していた」といわれていますが、そもそも敗戦間際にそれほど大量の油が有ったのか甚だ疑問です。 また、この船の前部分は破壊されているとも聞いていますがその実態は不明です。(つづく)Vol.4ユージーだからできること。記録に残っていない鉄筋コンクリート船〒701-4303 岡山県瀬戸内市牛窓町鹿忍4544-5不動産などのお悩みをサポートいたします。建設業許可/岡山県知事許可(特-22)第1610号一級建築士事務所/岡山県知事登録第12260号宅地建物取引業/岡山県知事免許(8)第2824号写真② 船倉には海水が入ってくるので、引潮の時以外は危険町民には格好の釣り場スポットとして利用されています。写真② 船倉には海水が入ってくるので、引潮の時以外は危険町民には格好の釣り場スポットとして利用されています。いこい処 笑食亭建築事業(店舗・オフィス)ユージーハウジング(住宅部門)不動産事業土木事業建築事業(倉庫・工場)アイ・デザイン (一級建築士事務所)アグリ事業UG食堂好評営業中油槽船の船首部分錆びてはいるが波を切っていたことが判る広島県音戸町坪井地先 坪井漁港油槽船の証として船腹が横に張り出している山口県下松市沖 笠戸島笠戸島の入り江に沈むコンクリート船望遠写真②③④⑤船倉には海水が入ってくるので、引潮の時以外は危険町民には格好の釣り場スポットとして利用されていますせんび29UGコラム

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です