シニアNavi 岡山 vol.15 2014年秋号
15/51

 お気づきかと思いますがここ数年、岡山県内にも高齢者向けの住宅や施設がたくさん整備されています。当社がご提供する住宅、施設もご入居・ご利用される方の健康状態やご要望に合わせて様々なタイプをご用意しています。そのひとつは、住み慣れたご自宅での生活を続けるために、必要な介護だけを選択して利用していただける、デイサービス、ショートステイ、ケアプランセンター、訪問介護などの在宅生活支援型の施設。そして、ご自宅での暮らしが難しくなってきた方には「サン・オークス」の名前で知られる「介護付き有料老人ホーム」を岡山・倉敷・津山で展開しています。サン・オークスでは、24時間の介護が必要な方でも安心して生活していただけるサービスをご提供しています。また、まだ元気だけれど、これからの暮らしに不安がある方には、介護・医療施設との連携体制を整えた「住宅型有料老人ホーム」という今注目の住まいもご提案しています。 さらに昨年の3月から、後楽園や岡山城を望む立地に複合型介護施設として「丸の内ヒルズ」もオープン。 ここでは女性専用のシェアハウス(住宅型有料老人ホーム)や、介護が必要になってからのご利用だけでなく「健康づくりを支援する」意味でのフィットネスなどの取り組みも始めています。シニア世代の住まいの選択は多種多様。当社はグループ会社の不動産部門とも連携し、お一人おひとりのお悩みをトータルにサポートいたします。多様化するサービス自分らしく選択できる時代に 長年住み慣れた自宅で子どもさんたちとともに、今の暮らしを大事にしたいという方も大勢おられますが、世の中が時代とともに変わるように、家族も時とともに移り変わります。家族構成の変化やご自身の健康状態に合わせて、「わが家」を見直すことも必要でしょう。注文住宅・自由設計の当社では、お客さまのご希望やライフスタイルを詳しくお伺いし、これからの人生をより快適により温かく暮らせるご提案を行います。またリフォームも手がけていますので、2世代にわたってご相談をいただくこともあります。例えば、子どもさんが独立した後のお住まいならば、バリアフリーのリフォームと考えがちですが、元の家は息子さんのご家族のためにリフォームし、ご夫妻はコンパクトな平屋建てのお住まいを新築されたというケースもありました。自分たちが子育てをしてきた住居は、これから子育てをする息子さん世代にとって必要な広さがあり、子育てが終わったご夫妻がお二人のための家を建てる方が、むしろ理にかなっているかもしれません。もちろん、お孫さんとの生活を楽しむために、二世帯住宅を新築・増築・リフォームする方、また逆に、ご家族が少なくなり減築される方もおられます。  リタイア後には海や山の別荘地に移り住み夢のリゾートライフ、古民家を生かしたリフォームで憧れのライフスタイルを楽しむ…など、当社は皆さまお一人おひとりの描くセカンドライフの実現をお手伝いいたします。複合型介護施設「丸の内ヒ  ▲新築工事の記念~家族の思い出を1冊に戸建(持ち家)高齢者向けの住まい両備ヘルシーケア 吉本聖詩さんあらい建設 代表取締役 洗井 健一さん長年住み慣れた自宅暮らしに合わせて見直しを15私らしい住まいの選択

元のページ 

page 15

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です