シニアNavi 岡山 vol.15 2014年秋号
40/51

去る8月4日、「リ・ファインデイサービスセンター岡南」さんのキッチンスタジオにて、陰陽バランスの健康料理教室を開催しました。食材は「全農おかやまさん」よりご提供いただいたき、読者のみなさんに楽しく参加していただきました。「陰陽論(いんようろん)」とは、東洋医学の基本的な思想で、すべてのものは陰陽に分けられるという考え方です。陰と陽のものをバランス良く食すことが、病気の予防につながり、健康な毎日を送るヒケツと考えられています。薬膳は主に漢方を使って料理をしますが、この「陰陽バランス食」は、普段スーパーで買うような食材を使って料理をし、偏らない食生活で健康な体づくりをするということです。陰陽バランス食とは陽性からだを温める陰性からだを冷やす酸性アルカリ性陽性・アルカリ性食品きれいな濃い血液をつくる根菜類、みそ、梅干し、たくあんなど陽性・酸性食品血流は濃くなるが、濁っていく魚肉類、タマゴなど陰性・酸性食品血流が悪く濁りやすい砂糖、乳製品(牛乳、チーズ、ヨーグルト)コーヒー、ビール、お茶など陰性・アルカリ性食品きれいなサラサラ血液をつくる野菜、果物など中庸玄米、雑穀などSpanish Omelet加熱時間は加減してください。これでもか!というくらいオリーブオイルを大胆に使いますが、コレがおいしさのコツです。調理のコツ !陽性●たまご 4個 (8個)陰性○じゃがいも 小2個 (大1個)中庸△たまねぎ 半分 (中1個)陽性●人参 30グラム (3/4個)陰性○トマト1/2個 (中1個)陰性○オリーブオイル 80~100CC陽性●醤油 15cc陽性●塩 適量陰性○コショウ 適量材料(4人分)英国IFPA認定(旧RQA)インターナショナルアロマテラピスト・フランス国家資格CAP認定エステティシャン&コスメトロジスト・英国YSBA認定ニュートリショナルセラピスト・トータルビューティープランナー※陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)という考え方もあり、この場合はさらに木・火・土・金・水(もっかどごんすい)の5種類に分類されます。森安 規恵 先生陰陽バランスごはんのすすめ健康料理教室開催 !連載OG Presents第4回森安 規恵先生の40陰陽バランスごはんのすすめ

元のページ 

page 40

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です