シニアNavi 岡山 vol.15 2014年秋号
5/51

能力の棚卸し人脈の棚卸し養成講座あなたも健康生きがいづくりアドバイザーにチャレンジしてみませんか!?一般財団法人健康・生きがい開発財団が運営する全国組織。中高年齢者の在職中とリタイア後における健康生きがいづくりを企業や地域で専門的に支援するコンサルタントであり、他の機関や専門の職種などとをつなぐコーディネーター。行政、企業、地域などの様々な組織や団体との連携を通して健康生きがいづくりを支援しています。(http://www.ikigai-zaidan.or.jp/)・10/12(日)・11/2(日)・22(土)・30(日)・12/14(日)時間/13:00~17:30NPO会館2F(ゆうあいセンター)(岡山市北区南方2713-1) 25,000円(研修費用・テキスト代含む)岡山県健康生きがいづくり   アドバイザー協議会(担当/吉田)〈日程〉〈会場〉〈受講料〉〈受付・お問合せ〉携帯電話FAX.090-1358-9696086-275-4955※通所全5日間人生の棚卸しにおすすめしたいこと自分は何ができ、どんなことでお役に立てるのか?これまでの成功体験を思い出してみると得意なことに気づきやすくなります。友人、知人、現役時代にもらった名刺などを手がかりに、自分の仕事探しに協力、アドバイスしてくれそうな人を見つけましょう。長所・短所探し一度冷静になって長所や短所、得意な教科、趣味、嗜好、信条などを書き出して、自分はどんな人なのかを知ることも大切です。部屋の片付けしまい込んでいた物や写真を引っ張りだして整理してみましょう。忘れていた夢、憧れていた仕事を思い出すかもしれません。地域の人を知る身近な人、店鋪、施設などを尋ねてみましょう。忙しい現役時代には見落としていた魅力的な仕事を発見できることも。吉田公子さん直伝健康生きがいづくりアドバイザーとは受講者募集中! けれども、シニアにはシニアならではの働き方があると思います。私は、「健康生きがいづくりアドバイザー」として活動しておりますが、シニアこそ生きがいにつなげる働き方があると確信しています。 不思議なもので忙しさに追われる働き盛りの世代は、なかなか生きがいを感じることができないようです。ところが、年を重ねると、ちょっとしたことに生きがいや幸福感を見つけることができるようになります。 思いが変わると、ものの見え方も180度変わってくるのです。家計のためだけに働くというのではなく、人との出会いを喜び、生きがい、やりがいを持って仕事を楽しむことができるようになります。 それでは、生きがいを持って働くにはどうすれば良いのでしょうか。特に男性で、仕事中心に第一線でがんばってこられた方が、リタイア後、地域社会とのつながりをどのように持てばよいのかわからなくなることもあります。そういうシニア世代にいつもお話ししているのが、「人生の棚卸しをしましょう」ということです。 つまり、それまでの人生を子供時代から振り返り、楽しかったこと、うれしかったことを、思い出していただくということです。これは、本当の自分探しの旅でもあります。そして、こうして振り返れば、「ああ、あの頃はこんなことに夢中になっていた」「いつかは、これをしたいと思っていた」「あんな夢を抱いていたんだなあ」と次々と思い出がよみがえってきます。その中から自分がやりたいことが見つかることもあるのです。 また、「あの人はどうしているのか」「元気なのだろうか」と思い出すことで、会いに行きたい人も見つかり、新たな交流・出会いを作り出すこともできるでしょう。シニア世代こそ、自分から変わらなければもったいない世代。視点を変えて、より豊かでより喜びの多いシニアライフを送りましょう。生きがいのクリエイトを支援する専門職定員15名5巻頭特集 生きがい・やりがい・働くよろこび

元のページ 

page 5

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です