シニアNavi 岡山 vol.16 2014年冬号
40/52

知らなかった最新補聴器の世界聴力に不安があるあなたに… 岡山髙島屋店内で補聴器試用お買物「聞こえ」体験実施中 !岡山髙島屋東館2階「補聴器オーダースタジオ」では各メーカー新製品の補聴器を着けて、岡山髙島屋でお買物を楽しみながら補聴器の「聞こえ」を体験していただけます。 無料体験ありがとうございました!読者のみなさまにお伺いします。ご家族やご友人など、身の回りで補聴器を装用されている方はどれくらいいらっしゃいますか?またはご自身で実際に補聴器を見たり、触ったり、試しに装着してみたという経験はございますか?…そのように考えると、まだ「補聴器」というものが私たちの日常生活に浸透しきっていない、ということに気付かされます。※詳細はスタッフまでお問合わせください。聞こえ連載 主な先進国において、聞こえに対する不安や不満を持っている方は、各国およそ人口の10%前後いるといわれています。そのうち難聴の方が補聴器を使用している割合は、アメリカが25%、イギリスが41%、フランスが30%、ドイツが34%と比較的高めですが、それに対して日本はわずか14%しか普及していません。 これまで、日本で補聴器の普及率がなかなか上がってこなかった要因の一つに、「補聴器をつける=ハンディキャップを背負っている」というイメージが強かったことがあげられます。なぜなら、一昔前までは補聴器の主流はもっぱら「耳掛け型」で、大きくて目につきやすいものでした。装用の必要性に迫られても気分的な抵抗が拭いきれず、補聴先進国と日本で違う補聴器の普及率補聴器のイメージと、変化し続ける補聴器業界(欧州補聴器工業会「EuroTark2012」より)家族の勧めで、病院に行って必要性を説かれて…などなど補聴器をお求めになる方の動機は様々。でも必ず共通することが、ひとつあります。それはいい補聴器との出会いが、使う人を明るく、いつも笑顔に変えてくれることです。聞こえナビ40

元のページ 

page 40

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です