シニアNavi 岡山 vol.17 2015年春号
34/52

デイサービスつくもきづく・きずく・いきづく回想型通所介護 高齢社会といわれるようになって久しいようです。お年寄りが利用するデイサービスも、これまでの画一的なものから「個性や趣味を生かしてのびのびできる」よう、新しい工夫を取り入れる施設が増えています。今年一月に開所した「デイサービスつくも」も、注目のユニークな施設。その現場を取材しました。 JR東岡山駅から南へ500m足らず。とても便利のよい立地ですが、幹線道路から奥まった静かな環境です。趣のある門にかかる「つくも」の暖簾をくぐる気分は、料理旅館でも訪れているよう。奥に見えるのが代々続いたお医者様の旧宅で、樹齢数百年はあろご存知ですか、懐かしい古民家での時間が、「いきいき・若返り」にこんなに効果があることを基本情報☎見学・お問い合わせは086-279-0165▼所在地岡山市中区長岡585-1デイサービスつくも▼営業日▼提供時間▼定員▼送迎の範囲▼要介護度▼運営会社株式会社つくも▼施設種類通所介護介護予防通所介護月曜~金曜日(祝日含)9:30~16:45(応相談)岡山市 中区・東区・    北区(一部)要支援1・2/要介護1~518名*うかという木々の緑が美しい庭が広がります。代表の白津允將さんの願いは「昔ながらの古民家の懐かしい雰囲気で、心和む家庭的な時を…。玄関で靴を脱いで座敷に上がり、畳の上や日の当たる縁側で、いつものように過ごしていただきたい」というもの。 快適なデイサービスのため改装には神経を使った」というだけに、200年以上の歴史ある建物にもかかわらず、浴室やトイレ、静養室などの設備は充実。車いすでの移動にも配慮しながら、黒ずみ輝く柱や建具、神棚などはそのまま。冬には炬燵が置かれ、縁側の向こうには四季美しい庭。また植木いじりや菜園仕事も愉しめる…。利用者の方に尋ねると「結婚する前に暮らしていた実家に帰ってきたよう」、「田舎ではこんな家に住んでいた。なつかしいねぇ」と、すっかり馴染んでいる様子。 古民家空間で、若いころの暮らしを思い出したりくつろいだり。「書道師範だった方に先生役を頼んだり、趣味の手ほどきをいただいたりもしています」と白津さん。基本は、利用者が自由に好きなことをしながら過ごせる「家」にいるような場所と時間の提供。そして古民家のメリットを最大限に生かして「回想法」による認知症予防や認知機能低下の抑制に努めているそう。ホーム探訪Vol.24 回想法とは、「過去の思い出を想起するように働きかけ、情動の安定など心理的効果を導く手段」とのこと。お年寄りに昔のお仕事や子供時代の暮らし、遊びなどについて聞いたり話をしたりする事で笑顔を引き出し、周囲とのコミュニケーションも豊かにします。「お一人お一人の人生から私たちが学ぶことも本当に多いです」と白津代表。利用者の方々が過ぎし時を語る瞳は、皆さんキラキラと輝いています。 最後に印象的だったのはお食事の時間。漆塗り風の膳に並ぶご飯やおかず、おつゆや小鉢の陶器の器が、まさに普段のご家庭のよう。栄養士さんの手作りの味も一品一品ていねいに装われ、食卓を囲む笑顔もご自宅と変わりません。こんなアットホームな施設が近くにあればと思いました。古民家でデイサービスという着想座敷だけで5間ある主屋は堂々としたつくり大工仕事や農作業も若返りに効果が若いころを思い出していきいき笑顔にご家庭のようなお食事をデイサービスつくもJR東岡山駅中国銀行Pashe De東岡山店ハローズ交番ファミリーマート岡山姫路250つくもデイサービスホーム探訪34

元のページ 

page 34

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です