シニアNavi 岡山 vol.18 2015年夏号
22/52

こう三軒両隣り、あたたかいご近所付き合いが今なお残る倉敷市稲荷町に、全国的にも珍しい、歴史を感じる建物の内部に最新設備が整う、モダンクラシックな木造葬祭式場がオープンしました。 ここは大正2年に創業した「株式会社いのうえ」誕生の地であり、現在の井上峰一社長が生まれ育った場所でもあるそうです。そのため、井上代表の思い入れもひとしお、格子の扉、ベンガラの壁、タイル貼りのキッチンと、どこか懐かしさが漂うしつらえです。 最も印象的なのは、倉敷にふさわしい堂々たる蔵が併設されていること。この蔵は明治28年に登記されておりますが、建設はおそらく明治初期。内部はギャラリィなどとして使うことも想定し、「ギャラリィくらくろ」と命名されたそうです。 何より、ここは一日一組様限定のホール。葬儀の原点に返り、人が人を送るという真心の儀式をおこなうことができるそうです。大切な人をしのび、家族や親族、そしてご近所や親しい人々との絆を再確認し、さらにしっかりと結び直す時間を持つことができます。また、それぞれの宗教儀礼や地域の風習にも丁寧に対応をしてくれるとうかがいました。 いのうえグループでは、ご葬儀が故人の尊厳を持って向倉敷の中心部に癒しの空間モダンクラシックな木造葬祭式場セレモニーホール探訪NewOpen葬儀専用式場 「エヴァホール中央」④④①②③⑧⑨セレモニーホール探訪22

元のページ 

page 22

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です