シニアNavi 岡山 vol.18 2015年夏号
29/52

介護保険料・利用料は上がった?下がった?井上きよみさん1964年生まれ、岡山県倉敷市出身。中小企業診断士。最年少で中小企業庁長官賞。東京で2社の会社を経営していたが、2007年9月より認知症の母の介護のため、実家に戻る。自らの体験から、介護やシニアライフに関する活動を始めた。NPO法人介護ん 理事長(株)ハートバード 代表取締役家族介護者だからわかる知ったモン勝ち 介護サービスの勘所〒710-0055倉敷市阿知1-7-2-612-2 (JR倉敷駅前)仕事も介護も両立したい現役世代の家族介護者の集いを、平日が仕事も人でも参加できるよう、毎月第4土曜日11時から開催しています。ランチを食べながら、悩みを語り合ったり、勉強会を通じて、より良い両立の道を探りませんか。http://workcare.jp 毎月第4土曜日に開催お気軽にお電話ください (平日10~18時)お話シリーズ2 今年四月の介護保険法改正で65歳以上の人が支払う介護保険料は、全国平均で月額約5千五百円で、これ月5千円を超えた介護保険料サービス利用料は下がった?までより10%以上引き上げられました。また、市町村による格差も広がり、美咲町は全国3位の高さとなりました。(上表) この金額は「基準額」と呼ばれ、生活保護を受けている人、または市町村民税非課税世帯で本人の年収等により、基準額の30〜70%の保険料となり、軽減割合が拡大されました。 利用者が介護施設等に支払う、基本料金的部分は大半が少し下がりました。例えば、デイサービスで従来1日、831円だった人は757円になり、月15日通うと月額1110円安くなります。 一方、「加算」と呼ばれる付加部分が増える所もあります。さらに保険外となる食費や宿泊費が上がると、総額では増えてしまうこともあります。  介護サービスを利用中の人にとって最も怖いのが自己負担が1割から2割に上がることです。対象となるのは、65歳以上で本人所得が年間160万円以上、年金収入だけなら280万円以上の人で、およそ5人に一人の割合です。 しかし、現在、毎月3万円を自己負担している人が、今までと同じ利用頻度であれば、8月から6万円になるかといえば、そうではありません。「高額介護サービス費」を市町村に申請すれば、自己負担上限額を超えた部分を払い戻すことができます。この例では、1万5千6百円が払い戻されます。自己負担上限額は収入等により異なりますが、2割負担になる人の場合、上限額は4万4千4百円です。 この機会にケアマネジャーさんなどと相談して、今後の利用サービスを見直すのも良いでしょう。Tel.086-430-0310利用料の自己負担2割が8月から開始地 域月 額引き上げ率全国平均岡山市岡山県平均倉敷市津山市美咲町(全国3位)里庄町(県内最低)5,514円10.9%5,914円13.2%6,160円11.6%5,850円7.7%5,800円18.1%7,800円44.7%4,800円0%月額の介護保険料(65歳以上)29ハートフルナビ

元のページ 

page 29

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です