シニアNavi 岡山 vol.18 2015年夏号
36/52

桃の風花看護小規模多機能ホーム やわらかい桃の香りが風に乗ってふっと香ってくるような、やさしく温かい在宅介護の応援施設「看護小規模多機能ホーム 桃の風花」が玉島道口にこの春オープンしました。 まだ耳慣れない「看護小規模多機能ホーム」は、岡山では初、全国でもまだ希少な存在。けれども、これからの在宅介護に無くてはならない施設です。そこで、現場から詳しくご紹介いたします。 周辺は「玉島富田の桃」として有名な桃の産地。緑豊かな風景と懐かしさを残した住宅地です。中に入れば〝桃の風花〞にふさわしく、桃畑をはじめ、周在宅介護のたのもしい味方!岡山初の「看護小規模多機能ホーム」が倉敷市にオープンしました基本情報☎見学・お問い合わせ086-523-2951▼所在地倉敷市玉島道口97-19:30~16:30桃の風花桃の風花看護小規模多機能ホーム▼施設種類看護小規模多機能型居宅介護▼ご利用日年中無休▼ご利用時間▼ご利用いただける方▼運営会社富田ケアセンター有限会社辺の美しい風景画も飾られていて、心やすらぐ環境があります。 この施設を運営するのは、年を重ねても住み慣れた土地で暮らしたいと願う地域の人々の力強い味方、「地域ケア」を実現する「富田ケアセンター」。全ての人に愛される事業所を目指し、居宅介護支援センターやデイサービスセンター、グループホームなどなど、多様な施設を完備し、地域の人々を応援しています。 その新たな施設としてオープンしたのが、「看護小規模多機能型居宅介護事業所」。この名称は耳慣れないものですが、前身は平成24年に創設された「複合型サービス」。これは、小規模多機能型居宅介護(通い、泊まり、訪問介護)に「訪問看護」を組み合わせ、在宅介護を力強くサポートしようというもので、病院での入院期間にどんどん制限が設けられている現在、ご本人はもちろん介護をする家族にとっても頼りになる存在です。 具体的には、病院から早期に自宅に帰されたものの在宅生活に不安がある方、現在、病気や疾患などを持たれている方、医療処置が必要な認知症の方などを、介護士だけではなく看護師と共に手厚くお世話する施設です。例えば喀痰吸引・インスリン・気管切開・膀胱留置カテーテル・在宅酸素・IVH(中心静脈栄養法)などの対応が可能です。 そのため〝桃の風花〞では、現在7名ホームの看護師と5名の介護士がいます。その上、緊急時には誰もが素早く対応できるよう介護士の皆さんも医療研修を受けているそうです。小売業から介護の世界に入ったという山中社長。ご近所の絆の大切さを知る社長は「介護が必要な方にとって必要な介護サービスは人さまざま。住み慣れた場所で過ごしたいと願う人々やご家族様に寄り添い、私どもがお手伝いすることでご本人様やご家族様が幸福な時間を過ごせるよう、心を込めたケアで地域の方々を介護の現場から支えていきたい」と語ってくれました。ももふうかこの地ですこやかに過ごしたい退院後には看護もできる多機能ホーム介護プラス医療の安心住み慣れたふるさとに安心のケアセンター ・要介護認定を受けている方・医療保険制度をご利用の方2新倉敷駅至倉敷・岡山JR山陽本線至笠岡至金光山陽自動車道山陽自動車道玉島信用金庫くらしき作陽大学富田小学校両備ストア玉島富田郵便局看護小規模多機能ホーム桃の風花ホーム探訪36

元のページ 

page 36

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です