シニアNavi 岡山 vol.18 2015年夏号
39/52

第2回今からできる ! 疾病予防健康Naviシリーズ14OG GIKEN PRESENTS高齢者向賃貸マンションラ・エスペランサ[お問い合わせ・資料請求は]学校法人 順正学園 吉備国際大学岡山駅前キャンパス(総務部)TEL.086-231-3517岡山駅やショッピング街が近く、交通の便に恵まれた好立地。自立したシニアの皆様が、楽しく快適に安心して暮らせる賃貸マンションです。診療科名 / 女性・漢方外来、整形診療日 / 月曜日~金曜日(※整形/金曜日午後)診療時間 / 9:00~12:00  13:30~17:00※要予約制 / TEL.086-207-2904〒ラ・エスペランサイオンモールイトーヨーカドーおかやま信用金庫市役所光生病院両備スポーツセンター岡山市北区桑田町2-10姿勢矯正体操で腰痛・膝痛が治ります河村 顕治 先生Kenji Kawamura河村 顕治 先生吉備国際大学副学長・保健医療福祉学部 理学療法学科教授/岡山大学医学部卒業/医学博士/日本リハビリテーション医学会専門医/日本整形外科学会専門医入居者募集中ラ・エスペランサ2Fにクリニック開院医療法人 順正会 クリニック順正 中高年になると背筋が曲がり悩む方が増えてきます。背筋の曲がりは膝を曲げた姿勢と同時に現れることが多く、背骨と膝とは何らかの関連があると考えられています。最近、姿勢矯正体操を行って背筋が伸びると膝痛も良くなるということが学会で報告されて話題になっています。これは、腰が曲がると背骨と太腿の骨をつなぐ腸腰筋という筋肉が突っ張って膝が曲がってしまうので、姿勢が改善されて腰が伸びると腸腰筋が緩んで膝がまっすぐに伸びるからと考えられています。 膝痛も良くなる姿勢矯正体操の仕方を解説します。まず床の上でうつ伏せになり、両肘を支えにしておへそが床から離れないように上体を起こします。この時背中の筋肉が緊張しないように声を出して数を10数えます。次に胸を床に下ろしてひと休みします。この動作を5回繰り返します。 次に仰向けの姿勢で膝を立てて両手を太腿の前側に置き、手のひらが太腿から離れないようにして指先が膝頭に届くまで太腿の前側を滑らせておへそをのぞきこむように上体を起こします。この動作も呼吸を止めないように声を出しながら数を5つ数えるくらいの時間をかけて上体をゆっくり起こします。その後、水平になるまでゆっくり戻します。この動作を5回繰り返します。 一連の運動は5分くらいでできますので、朝起きたときなどに気軽に行うことができます。簡単な体操ですが、毎日繰り返していると背筋が伸びて10歳は若返ることができます。是非お試しください。楽々筋力アップ 両肘を支えにし、おへそが床から離れないように上体を起こす。この時背中の筋肉が緊張しないように声を出して10数える。 胸を床に下して一休み。 膝を立てて両手を太腿の前から膝頭まで滑らせておへそをのぞきこむように呼吸を止めないでゆっくり(5つ数えるくらい)上体を起こす。 水平になるまでゆっくり戻す。姿勢矯正体操1122毎週金曜日の午後は河村先生の診察があります!+充実サービス安心サービスせすじ5回繰り返し⇒  を5回繰り返し121⇒  を239健康ナビ

元のページ 

page 39

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です