シニアNavi 岡山 vol.18 2015年夏号
8/52

待望の駅なかに人気カフェの「キノシタショウテン」姉妹店がオープン!おしゃれな雰囲気の中、備前焼の器で自家製の焼き菓子やお茶、サンドイッチなどの軽食が楽しめます。DATA備前市伊部1657-7 伊部駅 1F ●営/8:00~18:00 ●休/火  TEL.0869-24-7733DATA備前市伊部629 ●営/境内参拝自由 ●休/なし ●P/有TEL.0869-64-2738旅というほど遠くなく、散歩ほどは近くはない気ままにお出かけ、ちょっと歩くに、ちょうどいい地元スポットを紹介する「たまルン街さんぽ」ふるさと感じる懐かしい場所、今だからのんびり歩いてみませんかたまルン街さんぽ備前編墳時代に朝鮮から伝わった須恵器がそのルーツといわれる備前焼。鎌倉時代になると伊部周辺の山麓に穴窯が築かれ、瓶や瓦、鉢などが盛んに焼かれるようになったそうです。時代とともに、製品の運搬に都合の良い場所へと窯の場所を移しながら旧山陽道沿いに広がっていったのが、今も残る伊部の街並み。JR伊部駅の北側、JR赤穂線と新幹線の線路に挟まれた地域には、レンガ造りの登り窯を有する窯元が軒を連ね、今もそれぞれに趣向を凝らした備前焼を作陶・販売しています。街歩きの最大の楽しみは、そんな窯元の作品を眺めながらの散策。陶片を埋め込んだ土壁や、積み上げられた窯炊き用の薪など、この街ならではの風景とともに、唯一無二の器との出合いを楽しんで。UDO軽食・喫茶天津神社香登2ギャラリーしょうざんcurry&cafe Shibabe鷹取醤油5月OPENNewスポット!お立ち寄り少彦名命と、菅原道真を祀る神社。創建は1411年(応永18年)以前とされ、1579年(天正7年)に御神託により備前市浦伊部から現在の場所へ遷宮されました。鳥居の前に立つ2頭の狛犬から、陶板を敷き詰めた参道や壁の刻印、門や建物の瓦、願掛けに使う絵馬まで、境内のいたるところで見られる備前焼は圧巻の一言。ギャラリーさながらの作品は、一見の価値ありです。すくなひこなのかみ古伊部茅葺ギャラリー陽山居 心寿司 桃蹊堂 夢幻庵備前焼工房 陶吉2陶芸作家大饗利秀ギャラリー夢幻庵峠店軽食喫茶UDO備前駅1F 橋本画廊 天津神社 備州窯不老川たまルン加盟店加盟店ではたまルンカードにポイントがつきます!街マップ8たまルン街さんぽ

元のページ 

page 8

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です