シニアNavi 岡山 vol.20 2015年冬号
32/52

〒710-0055倉敷市阿知1-7-2-612-2 (JR倉敷駅前)E-mail / info@kaigon.net仕事も介護も両立したい現役世代の家族介護者の集いを、平日が仕事の人でも参加できるよう、毎月第4土曜日11時から開催しています。ランチを食べながら、悩みを語り合ったり、勉強会を通じて、より良い両立の道を探りませんか。http://workcare.jp お問い合わせ先(前日までにお申込みください。) Tel.086-430-0310井上きよみさん1964年生まれ、岡山県倉敷市出身。中小企業診断士。最年少で中小企業庁長官賞。東京で2社の会社を経営していたが、2007年9月より認知症の母の介護のため、実家に戻る。自らの体験から、介護やシニアライフに関する活動を始めた。NPO法人介護ん 理事長(株)ハートバード 代表取締役家族介護者だからわかる知ったモン勝ち 介護サービスの勘所お話シリーズ4在宅介護のお困りごと相談人体験です。体験はどのデイサービスもでき、原則として、食費等の実費以外は無料です。    当面の手段として、⑴持ち物や服に名前や連絡先を書く・貼り付ける、⑵本人の顔写真に連絡先を入れ、近所の人や店に渡したり、警察に相談して協力を仰ぐ、⑶GPS端末機や、GPS機能のある小物や靴を本人に身に着けさせる等があります。しかし、四六時中見張るわけにも行かず、出ていけば事故や凍死の可能性もあり、家族の負担は計り知れません。 認知症専門医に相談すると共に、デイサービスやショートステイを利用し、家族が休息できる時間を確保するのが最優先です。た方がいいでしょう。 そしてフットワークが軽いこと。さらに介護保険では対応できないことも「無理です。できません。」だけでなく、代替方法を提案してもらえるかが重要です。   百聞は一見にしかずです。通いやすい場所で、いくつか見学しましょう。その手配はケアマネに依頼できます。見学では第一印象がすべてと言っても過言ではありません。そして⑴利用者の表情や様子、⑵整理整頓と清掃状況を見れば、パンフレットの美辞麗句や職員の説明が本当かどうかを、ほぼ見抜けます。「ここなら良さそう、合ってそう」と思えることが大切です。その上で営業日時や食費、送迎などの面が条件に見合えば、いよいよ本     いつでも変更できます。「無料なので言いにくい」という声も聞きますが、利用者負担がないだけですから、その心配は無用です。ケアマネによって介護生活が大きく左右されるので、しっくりこなければ遠慮せず、早めに現在の居宅介護支援事業所や地域包括支援センター、別のケアマネに相談しましょう。ケアマネがしっかり話を聞いてくれるのはもちろんのこと、例えば「ここはいいですよ」と言われた時、なぜそこがいいかを問い返し、具体的で納得のいく説明をしてくれればマルです。専門用語や業界特有の略語が多い人や、電話応対が悪い所は避けQAQAQAケアマネジャー(ケアマネと略)を変更できますか。見極め方もよくわかりません。認知症が進み、徘徊する夫。先日自宅に帰れなくて警察に保護されました。Q&A「仕事も介護も両立したい現役世代の家族介護者の集い」直近は12/19(土)・1/23(土)・2/27(土)に開催デイサービスをどのように選べば良いですか。32ハートフルナビ

元のページ 

page 32

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です