シニアNavi 岡山 vol.20 2015年冬号
4/52

県内の大学や施設と連携して開催1年を通して受けられる多彩な講座が魅力巻頭特集シニア世代の学ぶ幸せOG Presentsびたい意欲はあるけれど「何を学びたいか分からない」「自分のやりたいことを、あれこれ探してみたい」と思っている方には「岡山県生涯学習大学」がおすすめです。岡山県生涯学習センターでは、県内各地で開催されているさまざまな講座を、センターのホームページや年に3回(5月・10月・3月)発行の受講案内の冊子で、分野別、会場別に分け講座を紹介しています。 さっそく、岡山県生涯学習センター(北区伊島町)をお訪ねし、振興課の竹林京子社会教育主事に「生涯学習大学」についてお話を伺いました。岡山県生涯学習大学現代的な課題や岡山県の特性を学ぶ主催講座を開設するとともに、県民が自分に適した学習内容を選択できるよう、県・県立機関、大学、市町村、各種団体等が行う多様な学習講座を体系化し、学習機会を提供しています。 岡山県生涯学習センター振興課 社会教育主事竹林 京子さん講座の概要を教えてください 講座は大きく分けて、主催講座と連携講座があります。主催講座とは、生涯学習センターが主催し県内の高等教育機関に委託して開設している講座です。連携講座とは、県や大学、市町村や各種団体などが主催し、センターと連携して開設されている講座です。具体的に言えば、平成27年度の主催講座は、岡山県立大学の「認知症と向き合う」、くらしき作陽大学の「心豊かにいきいきと生きる」、岡山理科大学の「水を科学する」、吉備国際大学の「吉備(キビコク)発オモシロ玉手箱」で、主に大学の夏休みの期間に開催されました。各大学の専門性を生かした講座がたった千円で受講できるという大変魅力的なものになっています。連携講座は、県内あちこちでさまざまな機関が開設しています。例えば今年度はすでに750の講座をご紹介しました。岡山ふれあいセンター「ふれあいシニアカレッジ」(P6、7参照)も連携講座のひとつです。連携講座は順次募集していますので、最新情報は、生涯学習センターのホームページにある岡山県生涯学習ポータルサイト「ぱるネット岡山」でご紹介しています。学

元のページ 

page 4

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です