シニアNavi 岡山 vol.21 2016年春号
35/52

になっています。高額のベッドを買わなくても、横向きになって歩くと足がだるくなるなと感じ始めたあなた!論より証拠で二種類の歩き方をためしてみてください。準備は簡単、買い物カートがあるスーパーに行ってください。川口 洋倉敷リバーサイド病院人工関節センター長平成元年防衛医科大学校卒業。平成5年、倉敷中央病院。平成18年12月から倉敷リバーサイド病院~現在。経験手術数7500件・人工関節の手術数1900件、関節の痛みでお悩みの患者さんへの講演(元気塾)を定期的におこなっている。先生まがった背中はのばさないその3次回の「シニアをゆく」は〝痛みは友達〞です。背筋をのばして前かがみにならないで、よい姿勢で歩いてみる。この歩き方で足がだるくなるまで歩いてみる。一つ目の歩き方が終わったらベンチなどに腰をかけて背中を少しまるめて足の回復を待ってください。足のだるさが回復したら二つ目の歩き方で同じ距離を歩いてみます。買い物カートを両手で押しながら少し前かがみでおなかを凹めて歩く。二つ目の歩き方が楽に歩けるあなたは背中をむりには伸ばさないほうがいいのです。前かがみの姿勢で注意することは、前かがみになるときは台や歩行器や杖などに手をついて腰の負担をやわらげるということです。前かがみで手をつかずに長時間の作業は腰にはつらい姿勢です。特にしゃがみこんで庭の雑草を抜くなどの作業は避けるようにしてください。〝まがった背中はのばさない〞シニア世代は見かけの良い姿勢より自然にあるべき姿勢で生活をしてください川口先生おすすめの歩き方げて歩いたほうが足のだるさは少なくなります。一つ目の歩き方二つ目の歩き方35Doctor’s Column

元のページ 

page 35

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です