シニアNavi 岡山 vol.21 2016年春号
37/52

第1回今からできる ! 疾病予防健康Naviシリーズ17OG GIKEN PRESENTSラ・エスペランサ[お問い合わせ・資料請求は]学校法人 順正学園 吉備国際大学岡山駅前キャンパス(総務部)TEL.086-231-3517岡山駅やショッピング街が近く、交通の便に恵まれた好立地。自立したシニアの皆様が、楽しく快適に安心して暮らせる賃貸マンションです。診療科名 / 内科診療日 / 月曜日~土曜日診療時間 / 9:00~12:00       14:00~18:00     (木・土は午後休診)住  所 / 岡山市北区桑田町2番10号      ラ・エスペランサ1F電  話 / 086-207-2263〒ラ・エスペランサイオンモールイトーヨーカドーおかやま信用金庫市役所光生病院両備スポーツセンター岡山市北区桑田町2-10河村 顕治 先生Kenji Kawamura河村 顕治 先生吉備国際大学副学長・保健医療福祉学部 理学療法学科教授/岡山大学医学部卒業/医学博士/日本リハビリテーション医学会専門医/日本整形外科学会専門医入居者募集中ラ・エスペランサ1Fにクリニック開院医療法人 順正会 順正会内科クリニック 肩の痛みで最も多いのが五十肩ですが、正式には肩関節周囲炎といいます。肩関節が長年の酷使に悲鳴を上げて痛みを生じる病気ですが、かつて人生五十年といわれていた時代に五十肩と名付けられました。寿命が尽きかけようとしているころに肩が疼く病気ということです。 五十肩にはアイロン体操が良いと聞いたことがある方も少なくないと思います。肩が痛い方の手にアイロンを持って上半身を倒して振り子運動をするというものです。五十肩では肩が挙がらなくなるのにアイロンを持って振り子運動をすると肩を挙げたのと同じ角度まで肩が動くというところがポイントです。これはもともとコッドマン体操という運動なのですが、実はコッドマン体操ではアイロンを持つということは書かれていませんでした。いつの頃か、誰かがアイロンを付け足して今に至ります。良さそうに思えますが実はこれは危険な運動なのです。手足の末端に重りをつけて動かすと、その土台となる肩や股関節には過大なストレスがかかるからです。肩関節周囲炎では肩の周りで炎症が起こり筋肉や腱が癒着していますから、無理なストレスは炎症を悪化させます。ですから本来のコッドマン体操では手に何も持たずに自重で振り子運動をするようになっているのです。 肩が炎症で本当に痛いときは、まず肩を安定させて無理をしないように運動を行うべきです。そのためにはクロック(時計)エクササイズが良いでしょう。このエクササイズは手を壁に固定することで肩関節に圧迫力を与え、周囲の筋肉が同時に収縮することで肩関節を安定させることができます。その状態で肩甲骨の運動を行わせることができるため、筋肉や腱の負荷を小さくした状態での肩の運動ができるのです。関節痛の常識非常識五十肩にアイロン体操は危険ですクロック(時計)エクササイズの仕方手を壁に当てた状態にして肩甲骨を上、下、前外側、後内側に動かします。右肩を時計に例えると、針の方向が12時、6時、3時、9時の方向を指すように肩甲骨を動かすというエクササイズです。IMAGE37健康Navi

元のページ 

page 37

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です