シニアNavi 岡山 vol.21 2016年春号
40/52

朝 9」?たいてき起。ねんめご5らか半時でのるけか出らか今「。すまいてき起てえ教にんさ子玲、どれけす話に短手電お夜、でのいたしを話のそ。ね想理」よ迎歓大、んろちも「」?いいてし話。』湖D3で合具不D3に画映なうそ敵素のこ、で適快が館画。う西村玲子のつなぐ暮らしの私、ま、婦夫老 婦夫の齢年なうよ5、み住に物建の上を段階でま階この先らかれこ。るし放手、え考をとをろこといし新てことういとうお買年昨は私。るま始に秋の10のりぶ年。いし嬉ていな敵素、め眺な敵素、々人な的力魅 をろことな的面表のどな、アリテンイ持気に然自てきで感共が常日じ同、みだうよの説小。だ画映るれなくよちイラストレーター、エッセイスト。日々の暮らしの中で感じたことを絵と文で綴り素敵なライフスタイルを提案。幅広いファン層をもつ。アクセサリーなどのクラフト制作活動のほか、現在インスタグラムに夢中。著書200冊以上。西村玲子 にしむられいこproleな情事宅住や件事たれま込り織。い。い白面ていてし映反を今がどるいで気元に所場のそ、はに的終最 の婦夫ら彼ういとうよけ続み住り限すら暮に適快や出い思。得納に断決工今はのす放手をいま住たしをどな夫ら売りはやが夫。感同く全。い思ういとはにれそ、事来出るあたし意決といな。すまきおてしに緒内はでここ。動感たきで感共が常日じ同 』すまり売屋部いいのめ眺40西村玲子のつなぐ暮らし

元のページ 

page 40

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です