シニアNavi 岡山 vol.21 2016年春号
41/52

リバティ生地とともに、手芸用品・アクセサリー・バッグ・洋服など。大人エレガントな小物が揃うセレクトショップ!店内で不定期に開催されるワークショップはお買い物ついでに気軽に参加できるスタイルでおすすめです!〒703-8235 岡山市中区原尾島1丁目6-20TEL.086-271-7217天満屋ハピータウン原尾島店2階営業時間/10:00~21:00 年中無休メルエフィーユWork ShopMeres et lles Meres et lles 手づくり「脳活」ソーイング表から布を覆い裏側に巻き込む様にしっかり貼り付ける。蓋の内側のサイズの厚紙に赤布を貼ったものを用意し接着剤でおさえとめる。底側も板紙などで接着剤でおさえとめる。空き箱でつくる「お裁縫箱」1.3.蓋に綿をのせ、布を貼る。まずは下準備。2.布を張った時に丸みが出るように、綿を小さいものから重ねて置きます。適当なサイズの蓋つきの空き箱を用意し、両面テープを貼っておきましょう。布地は伸縮性のあるちりめん生地がおすすめ。箱が包めるサイズに合わせて裁っておきましょう。内箱に布を貼る。箱の折り目に近い部分には両面テープをしっかり貼りましょう。角を待ち針でおさえるとキレイに仕上がる。ハサミでカット内側も両面テープ。角の処理は蓋と同じしっかりとめたいところは接着剤で角の始末きっちり止めたい下の部分に両面テープ両面テープ完成!準備するもの・空き箱・生地(ちりめん布)・厚紙&赤布(蓋&内箱用)・綿(蓋上面サイズ)大・中・小3枚・両面テープ・接着剤教えてくれた人矢野 久美さん(63歳)ベル・ブランシェメルエフィーユ店 店長ベル・ブランシェにて勤務25年、パッチワーク歴30年、自らもパッチワークの講師をおこなっている。角から切れ目を入れ折込んでしっかり貼り付ける綿41趣味の講座

元のページ 

page 41

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です