最新号 2017 春 vol.25 12月15日発行|シニアNavi岡山
14/52

 「未払い料金がある」など架空の請求を口実にインターネットなどを利用して不特定多数の人に料金を請求する手口。「民事訴訟裁判の告知」と題した電子メールを無差別に送りつけたり、携帯電話やパソコンに「有料サイト(アダルト系など)の料金の支払いを延滞しているので振り込んでください」などと要求したりするのが一般的です。最近では「未納料金・退会金等の支払いを」などと表示したり、悪質なものではパソコンをウイルス感染したように見せかけ「解除するには……にアクセスを」と半強制的に連絡を迫ったり、はたまた「勤務先の会社に行きますよ」「裁判になりますよ」などと脅すなど、一段と巧妙・悪質になっています。架空請求詐欺 子や孫になりすまし、「オレオレ」と電話をかけ、急にお金が必要になったなどの口実でATM(現金自動預け払い機)から振り込ませる手口はよく知られていますが、最近では宅配便やレターパックでお金を送らせたり、現金を取りに来るケースも増えています。また、県警を名乗って「詐欺犯人を捕まえた。あなたの口座が狙われている」などと言って自宅を訪問し暗証番号を聞いた上でキャッシュカードの提出を要求するケースなどもあります。オレオレ詐欺 警察庁のまとめによると、平成28年1年間の振り込め詐欺などの「特殊詐欺」の被害額は全国で4百6億円余り。4百億円を超える深刻な被害が、なんと4年連続で発生しています。 岡山県では、一昨年の平成27年(1〜12月)には県警が統計を取り始めた平成16年以降過去最悪の、中四国特殊詐欺被害額はなんと年間4百億円以上振り込め詐欺少しでも豊かに老後を送るためにお金を増やしたい。健康上の不安が解消できるなら体に良い食品や健康器具を試してみたい。ひとりで過ごす時間が多くなり話し相手がほしい…犯罪者はそんなシニア世代の心理や環境を利用し巧妙な手口で近づきます。まずは県内で多い詐欺や悪質商法の手口と傾向を知り被害に遭わないための具体的な知恵と工夫を備えておきましょう。岡山県内~特殊詐欺被害状況推移1131427483金融商品等取引異性交際あっせんギャンブル必勝情報その他振り込め詐欺以外の特殊詐欺約6億720万円約1,100万円約1,680万円約680万円約2,930万円約710万円約340万円約2,270万円架空請求詐欺オレオレ詐欺還付金等詐欺融資保証金詐欺6131659平成28年平成27年件数被害額件数被害額振り込め詐欺10148543全国での約7億2,070万円約2億490万円約5,530万円約100万円約1億6,670万円約6,620万円約5,120万円約860万円緊急特集お金・健康・孤独につけこむ特殊詐欺・悪質商法にご用心!緊急特集 特殊詐欺・悪質商法にご用心!14シニアの3大不安

元のページ 

page 14

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です