最新号 2017 春 vol.25 12月15日発行|シニアNavi岡山
21/52

●体験談はご本人の感想であり、すべての方に当てはまるものではありません。※ チーフ=チーフプロポーションカウンセラーいつもファッショナブルなチーフをお手本に私もおしゃれを楽しんでいます!の先生から鋭い指摘が・・。健康的で長生きするためには、私のお腹周りが気になるというのです。そこは、私自身が一番気になっていたところです。「どうしたら良いでしょう」という私に、先生が紹介してくれたのがダイアナでした。それが平成27年の6月のこと。それから竹本チーフの指導のもと、食生活の見直しから始め、1週間に1度はチェックしましょうという言葉に励まされ、前向きに取り組みました。 もちろん、私は看護師ですから、それまでに食生活を見直そうと考え、カロリー制限をしたこともありました。自己流のダイエットもおこなってきましたが、思ったような結果は出ていません。ですから、計算上は、1カ月で1キロもやせれば十分、1年で10キロやせるのがやっとだろうと思っていました。 ところが、6月6日に55キロだった私の体重は、7月16日には50・7キロになっていたのです。スタートした初日に、私は東北・北海道の旅に出かけました。もちろん、旅先でも竹本チーフのアドバイスに従って毎日のプログラムを実行し、合間で地元のおいしいものもしっかりいただきました。全く不自由は感じず、楽しい旅でした。そして、結果もちゃんと出たのです。  ダイアナだから良かったと思うことは、たくさんあります。一つは補整下着。この年ですから、体重が落ちただけで、理想的なプロポーションになれるわけではありません。そこで補整下着が重要です。例えば、デパートなどで補整下着を買ったとしたら、そこでサイズを測ってくれても、後のフォローがあるわけではありません。ところが、ダイアナでは、竹本チーフが丁寧に測定してくれるのはもちろん、その後も「サイズはどう?」「着心地はどう?」と細やかに対応してくれます。ですから、費用対効果を考えれば、とてもリーズナブルな買物だと思っています。このアフターフォローは補整下着だけでなく、栄養バランスのとれた食生活やボディチェックなど、すべてにアドバイスをしてくれます。 ですから、竹本チーフとこの補整下着のおかげもあり、「スマートになったね」といわれるのはもちろん、「ボディラインにメリハリができたわよ」「きれになったわね」と周囲の評判も上々で、今では昔着ていた9号サイズの洋服も楽々着られるようになりました。何より毎日のコンディションも良くなったことがうれしかったです。 プライベートな話ですが、定年の数ヶ月前に悲しい出来事がありました。ショックは大きく、なかなか立ち直れませんでした。その私に前を向いて進む勇気をくれたのが、竹本チーフとサロンの皆さんです。ここに来れば、同じ目標の共感できる仲間がいて、ときには励ましてくれたり、慰めてくれたり、いつも元気をくれます。体操の藤原先生も顔を見せて、声をかけてくれます。この幸せを親しい人にも広げたいと思い、友人に教えたところ、その友人は2カ月で12キロもスマートになって、会うごとにきれいになって、「うれしいわ」を連発しています。体調面で影響がでるほど体重が増加した従姉妹もダイアナに挑戦し始めましたが、目標は30キロ減。現在、5キロほどやせたところで、上を向いて眠れるようになったと喜んでいます。 竹本チーフはもちろん、紹介してくれた藤原先生、サロンの皆さんに出会えて、本当に幸せです。取材だから言うんじゃないんですよ。本当に、感謝、感謝の毎日なんです。beforebeforeafterafter幸せの輪を広げたい1カ月後の幸せ1.3ヶ月で身長156cmアフターフォローでうれしい日々-4.3kg-3.0cmcm-1.6cm-10.2体重ウエストヒップ太もも(左右平均値)ビューティー21ビューティーナビ

元のページ 

page 21

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です