シニアNavi 岡山 vol.26 2017年夏号
41/52

英・仏にて国家認定のアロマセラピストの資格を持つ。フランスで学んだ栄養学や経験をもとに国内で栄養セラピーの講師としても活動中。森安 規恵 先生advisorフルーツウォーターで決まり!体重×35ml-1,000ml(食事からの水分量)= 経口による水分必要摂取量1日に必要な水分摂取量を計算してみましょう。[作り方][材 料]○ミネラルウォーター・・・・・・・・・・・・1.5ℓ○ボトル・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1つ○お好みのフルーツや野菜、ハーブ・・・適量1.2.フルーツウォーターダイエットに欠かせない成分ビタミンCやカリウムが、豊富に含まれています。グレープフルーツレモンレモンに含まれるビタミンCは、体内でコラーゲンを生成する働きがあります。リンゴりんごに含まれる水溶性の食物繊維は、腸内環境を整える役割があります。また、腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌を排除する働きもあるので、便秘や下痢などのトラブルに効果的。抗酸化作用で肌の老化も防いでくれます。キウイ特に黄色いキウイはレモン8個分のビタミンCが含まれ、1日の推奨摂取量の100%ものビタミンCがとれます。キウイは便秘解消にも効果的で美肌効果も抜群ですね。ピーチピーチには、カリウムがたっぷりと含まれています。このカリウムは、便秘やむくみを解消するのにもひと役買ってくれ、ダイエットはもちろん、見た目をすっきりさせるのにピッタリな食材と言えます。お好みのフレーバーを見つけて毎日の水分補給のアクセントに!フルーツによって効果もいろいろフルーツによって効果もいろいろフルーツによって効果もいろいろフルーツによって効果もいろいろ●スイカなどの、香りの弱い食材を使う場合は、6時間ほど浸けておきましょう。逆に香りの強い、グレープフルーツやベリー類などを使うときは、2時間ほどでOKです。連載健康寿命をのばす 陰陽バランスごはんのすすめ第12回 水分の補給は生命を維持していくうえで欠かせません。高齢者が日常生活で摂取するべき水分の量は、1日に1.5〜2.5リットルほどだとも言われています。1日に必要な水分量には個人差があります。』高齢者は喉の渇きを感じることが鈍くなり、トイレの回数を減らそうと意図的に水分を控える傾向があります。「まだまだ自分は大丈夫」と思っていても、必要水分量をなるべく把握し、定期的な水分補給を促すことが必要です!でも、お水だけをひたすら飲むのは結構辛いものです。お茶やコーヒーなどに変えて飲んでみても、なかなか1日の必要摂取量を満たすことは至難の業! そこでおすすめなのがフルーツウォーターです。巷では「デトックスウォーター」としてダイエットや美肌作りに効果的と言われ流行しているようです。無味無臭のミネラルウォーターを飲むより、ほんのり香りもついていて、とても自然な香りに癒されます。 入れるフルーツによってそれぞれ効果の違いもあるので、その時の体調に合わせて組み合わせてみてください。水は陰性、フルーツも陰性食材なのでこればかりを飲むと体が冷えます。たまには温かい飲み物も交互に飲んで体温のバランスを整えることも大切です!夏の水分補給はOne Point Advice自分の用意した容器にミネラルウォーターを入れ、適当な大きさにカットしたフルーツや野菜を加える。フタをして冷蔵庫に入れ、ひと晩置いたら完成です。41陰陽バランスごはんのすすめ

元のページ 

page 41

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です